2018年04月24日

塗装工事第2弾

お客様の外壁工事のために、杉の羽目板・目透かし本実加工を塗装中face02

羽目板(はめいた)とは板の両サイドに凸凹の刻みを付けた板のことです。凸凹を組み合わせる事により組みあげていきます。
(雄実(おすざね)・雌実(めすざね)といわれます)

建築用語って読み方も難しいですねicon73

裏面には反り止めの溝がつけられます。こうすることで広い壁も組みあげる事ができ、無垢材特有のそり、
曲がりが出てきても隙間ができにくいのです。

メリットとしては
1. 溝が良いアクセントになる。
2. 調湿作用により透いてきたとしても、目立ちにくい(目透かし加工だとなお)

外装で使いますので、乾燥材を使い、塗装をかけます。





施工後は次回ご紹介しますface02

このブログにでてくる工務店は・・・田辺木材店


同じカテゴリー(リフォーム)の記事画像
ウッドデッキの注文をいただきました。
杉の無垢フローリング
加齢を考えた門扉リフォーム
審査員奨励賞をいただきました
トイレのリフォーム
福岡市H様邸 浴室リフォーム
同じカテゴリー(リフォーム)の記事
 ウッドデッキの注文をいただきました。 (2018-08-04 10:04)
 杉の無垢フローリング (2018-06-08 09:36)
 加齢を考えた門扉リフォーム (2018-04-04 16:04)
 審査員奨励賞をいただきました (2018-03-13 14:43)
 トイレのリフォーム (2018-01-08 13:06)
 福岡市H様邸 浴室リフォーム (2017-12-13 16:29)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。