2018年04月11日

キャットウォークについて

猫ちゃんの家具の記事を書いた際、最後にふれたキャットウォークについて。

私は猫について・・・

高いところが好き

幅が細いところでもスタスタと歩いて行く

そんなイメージを持っていたのですが、

人間でも運動神経の差が存在するように、どうやら猫ちゃんの全てがそうではないようです。

キャットウォークが必要ない猫ちゃんも存在するんですね。

キャットタワーなどで、一番下のステップを床から60センチ程度の高さにして、

その高さに飛び乗れない状態の猫は、キャットウォークから落ちる恐れがあるので、

上らせるのは危険!!なんだそうです。face08


新築の場合にキャットウォークを新たに設置するのは簡単なのですが、

リフォームでとなるとそれなりの金額がかかりますので、

新築以外で業者に頼んで設置しようという場合は、壁などの変更を伴ったリフォームの際に一緒に行うのが良いかもしれません。

お金をかけたくない場合は、本棚や窓台、ソファーなど椅子の背もたれなんかも猫にとっては立派な通路なので、

うまく動線を配置してやれば、キャットウォークとしての機能を果たしてくれるようなので、工夫次第ってところでしょうか。

キャットウォークを設ける上で押さえておくべきポイントは、必ず二方向に昇降できること。

数匹いる場合は余裕のスペースも大切で、すれ違えるスペースを考慮する必要があるとのこと。

DIYで、キャットウォークや棚をとりつける場合は、20キロ以上の重さがかかることを前提に、

必ず壁の中の間柱の位置を確認し、そこに釘を打ち付けることが大切です。

これができないと、重さに耐えることができないので危険ですので、壁補強などが必要になってきます。

間柱???20キロ???

欲しいけれど、この説明ではわからないのでお任せしたい・・・そんなときは是非御連絡ください。





*****************************************
お陰様で55年。ありがとうございます。

福岡のリフォームなら田辺木材
■ホームページはこちら
http://www.tanabe-reform.jp/

■お問い合わせはこちら
笑顔で対応いたします。
ちょっとしたことでもご相談ください。
電話:092-574-7177
******************************************
新築なら 田辺木材ホーム

■ホームページはこちら
http://tanabe-home.co.jp/

■お問い合わせはこちら
電話:092-573-2727
******************************************



  



Posted by かおちゃん at 11:54│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。