2017年12月13日

福岡市H様邸 浴室リフォーム

リフォームの依頼で特に多いのは水回りのリフォーム。

住宅産業協会のホームページによると水回りは約15年~20年で本体の点検、交換が必要とされているようです。

リフォームするきっかけは既存の設備機器が古くなったり、壊れたものを新しくするというのが圧倒的に多いのですが、

今回のリフォームは、現状を何とかしたい!という改善リフォームをお任せいただきました。

お施主様の御要望は

寒い浴室を何とかして欲しい そして 広すぎる  といった内容です。



浴室の幅いっぱいの窓。

開口部が広いと外気の影響を受けやすくなります。



どちらの写真を見ても、シャンプーなど専用の収納場所がありません。

そのため、浴槽そばのスペースに置くしかありません。

それを解消すべく、既存のサイズより小さくなるような、TOTOのシステムバスを採用しました。



問題だった窓は小さなものに変更。

これまで窓だった部分は壁に。

更に、窓ガラスは断熱効果の高いペアガラスを採用。

ペアガラスタイプにすることで、結露の問題も解消されるといううれしいオマケ付。



システムバスは、水洗やシャワーまわりに

欲しいタイプのカウンターや収納棚を組み合わせ設置することができるので、ボ

トル類もスッキリ収納することが可能になります。

さて、小さくしたことで余った部分はというと・・・



脱衣室になりました。

これまでは、洗面所のところで脱衣→浴室 という流れだったため、

誰かが入浴中には洗面所を使えないといった状況でした。



浴室部分を小さくしたことで、生まれたスペースを独立した脱衣室にすることで、

洗面所は誰もがいつでも気兼ねすることなく使えるようになりました。

かつて、脱衣もしていた洗面所にできたこの扉の向こうが浴室ですicon64

写真には写っていませんが、ヒートショックの原因となる温度差を小さくする工夫として、

脱衣室には、大風量のドライヤーや扇風機としても活躍する洗面所暖房機を。

浴室には、浴室喚起暖房乾燥機を設置。

これにより、浴室を暖かくできるだけでなく、

天気を気にすることなくいつでも衣類の乾燥が可能になりました。

実はこれ、洗濯物は天日干しより ふっくら仕上がる というすぐれものですicon97

おまかせくださいましたH様、ありがとうございました。



田辺木材店では、困ったの大小にかかわらず御予算にあわせ 

快適空間を作るお手伝いをさせていただきます。

まずは御連絡ください。





*****************************************
お陰様で55年。ありがとうございます。

福岡のリフォームなら田辺木材
■ホームページはこちら
http://www.tanabe-reform.jp/

■お問い合わせはこちら
笑顔で対応いたします。
ちょっとしたことでもご相談ください。
電話:092-574-7177
******************************************
新築なら 田辺木材ホーム

■ホームページはこちら
http://tanabe-home.co.jp/

■お問い合わせはこちら
電話:092-573-2727
******************************************



  



同じカテゴリー(リフォーム)の記事画像
塗装工事第2弾
加齢を考えた門扉リフォーム
審査員奨励賞をいただきました
トイレのリフォーム
E様邸 外壁リフォーム
エコキュートの点検に行きました。
同じカテゴリー(リフォーム)の記事
 塗装工事第2弾 (2018-04-24 12:58)
 加齢を考えた門扉リフォーム (2018-04-04 16:04)
 審査員奨励賞をいただきました (2018-03-13 14:43)
 トイレのリフォーム (2018-01-08 13:06)
 E様邸 外壁リフォーム (2017-11-28 14:05)
 エコキュートの点検に行きました。 (2017-10-17 11:29)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。