2018年04月24日

塗装工事第2弾

お客様の外壁工事のために、杉の羽目板・目透かし本実加工を塗装中face02

羽目板(はめいた)とは板の両サイドに凸凹の刻みを付けた板のことです。凸凹を組み合わせる事により組みあげていきます。
(雄実(おすざね)・雌実(めすざね)といわれます)

建築用語って読み方も難しいですねicon73

裏面には反り止めの溝がつけられます。こうすることで広い壁も組みあげる事ができ、無垢材特有のそり、
曲がりが出てきても隙間ができにくいのです。

メリットとしては
1. 溝が良いアクセントになる。
2. 調湿作用により透いてきたとしても、目立ちにくい(目透かし加工だとなお)

外装で使いますので、乾燥材を使い、塗装をかけます。





施工後は次回ご紹介しますface02

このブログにでてくる工務店は・・・田辺木材店  

Posted by かおちゃん at 12:58Comments(0)リフォーム

2018年04月23日

塗装工事

塗装の職人さんが作業中






道路側に目隠しとして設置しましたface02



玄関とバルコニーの軒天として設置しました。



人気です。

このブログに出てくる工務店は・・・田辺木材店





  

Posted by かおちゃん at 15:01Comments(0)

2018年04月18日

会社の側で・・・

このところ、福岡市内ではひったくりが多発しています。

以前、取引先の営業の女性が夜道を歩いていて ひったくられそうになったということがありました。

そのときは、バックをとられまいとして、ショルダー部分を握り締めたために

引きずられてしまい怪我をされていました。

傷跡が痛々しく、それまでは他人事のような気がしていましたが、そうではないのだなと再認識。

荷物を道路側に持たないとか・・・

後ろに気配を感じたら振り返り気にするとか・・・

その程度ではありますが、自分なりにひったくり対策はしているつもりでいました。

一昨日飛び込んできたこんな、ニュース。



<<音が出ますので、困る方は今はクリックしないでくださいね>>


http://www.tnc.co.jp/news/articles/NID2018041701724

事件は田辺木材店の目と鼻の先のところで起こりました。


車をぶつけられ、暴行を・・・

このような場合、夜中に人気の少ないところを歩かない 以外に防ぎようがない気がしましたが

あることを思い出しました。

何年も昔の話になりますが、子どもが高校に入学した際、大学に入学した際に

学校から防犯ブザーが配られました。

高校だけでなく大学生でも?と驚きましたが、

音というのは防犯面ではいろいろな場面で有効なのだそうです。

ひったくられても、バックに音が出る側をつけておいたら

驚いたら人は手からその物体を離そうとするため、高確率でバックは助かるんだそうです。

痴漢などにあった場合、万が一声を出せなかったとしても、音が鳴るので人が気付いてくれもします。


このニュースのような場合も、防犯ブザーのような音で危険を知らせるものを持っていたとしたら

(男性が防犯ブザーを持ち歩くかは疑問ですが・・・face04

音に驚き、犯人たちは何もせずに逃げていったかもしれません。

以前に比べ、物騒なことが続いている福岡。

いろいろなニュースも もし自分だったら・・・と置きかえて考えて考えてみることも大切かもしれません。

犯人が一日も早く捕まりますように。  


Posted by かおちゃん at 17:39Comments(0)その他

2018年04月11日

キャットウォークについて

猫ちゃんの家具の記事を書いた際、最後にふれたキャットウォークについて。

私は猫について・・・

高いところが好き

幅が細いところでもスタスタと歩いて行く

そんなイメージを持っていたのですが、

人間でも運動神経の差が存在するように、どうやら猫ちゃんの全てがそうではないようです。

キャットウォークが必要ない猫ちゃんも存在するんですね。

キャットタワーなどで、一番下のステップを床から60センチ程度の高さにして、

その高さに飛び乗れない状態の猫は、キャットウォークから落ちる恐れがあるので、

上らせるのは危険!!なんだそうです。face08


新築の場合にキャットウォークを新たに設置するのは簡単なのですが、

リフォームでとなるとそれなりの金額がかかりますので、

新築以外で業者に頼んで設置しようという場合は、壁などの変更を伴ったリフォームの際に一緒に行うのが良いかもしれません。

お金をかけたくない場合は、本棚や窓台、ソファーなど椅子の背もたれなんかも猫にとっては立派な通路なので、

うまく動線を配置してやれば、キャットウォークとしての機能を果たしてくれるようなので、工夫次第ってところでしょうか。

キャットウォークを設ける上で押さえておくべきポイントは、必ず二方向に昇降できること。

数匹いる場合は余裕のスペースも大切で、すれ違えるスペースを考慮する必要があるとのこと。

DIYで、キャットウォークや棚をとりつける場合は、20キロ以上の重さがかかることを前提に、

必ず壁の中の間柱の位置を確認し、そこに釘を打ち付けることが大切です。

これができないと、重さに耐えることができないので危険ですので、壁補強などが必要になってきます。

間柱???20キロ???

欲しいけれど、この説明ではわからないのでお任せしたい・・・そんなときは是非御連絡ください。





*****************************************
お陰様で55年。ありがとうございます。

福岡のリフォームなら田辺木材
■ホームページはこちら
http://www.tanabe-reform.jp/

■お問い合わせはこちら
笑顔で対応いたします。
ちょっとしたことでもご相談ください。
電話:092-574-7177
******************************************
新築なら 田辺木材ホーム

■ホームページはこちら
http://tanabe-home.co.jp/

■お問い合わせはこちら
電話:092-573-2727
******************************************



  

  


Posted by かおちゃん at 11:54Comments(0)その他

2018年04月04日

加齢を考えた門扉リフォーム

純和風の門構えのT様邸。




ごらんのとおり、道路から続く階段は 大きな石を並べ、自然の形を活かしたものでした。

これはこれで素敵なのですが、年齢を重ねると、この石の凹凸や暗くなって石の段差が平らに見えてしまうなど、若い頃にはなんでもなかったことが危険なところとなってしまいます。

門の老朽化に伴い、より暮らしやすくするためのリフォームをお任せいただきました。




門までの階段は平らに見えてもそこに段があると認識できるよう配慮したつくりに。




これまで設置されていたステンレス製の手すりから、門扉の色に色、素材合わせ統一感を!

階段に手すりを設置する際には、上るより下りる時に転倒などの事故が起こりやすいので下りる時の利き手側に設置するのがベストですicon100



門扉横に同じタイプの郵便受けとドアホンも設置しました。



門扉を入った玄関横にしかドアホンがないので、敷地内にセールスマンが入ってきてしまうとお困りの声を良く聞きます。

また宅配ボックスを設置したいという声も最近多くなってきたようです。

そんな困ったは 門扉まわりのリフォームの時が不便解消のチャンス。

トータルコーディネートも可能ですので、スッキリまとめることが可能です。

お困りのことがありましたら、どんな小さなことにも笑顔で対応させていただきます。

↓↓ お声かけくださいませ。



*****************************************
お陰様で55年。ありがとうございます。

福岡のリフォームなら田辺木材
■ホームページはこちら
http://www.tanabe-reform.jp/

■お問い合わせはこちら
笑顔で対応いたします。
ちょっとしたことでもご相談ください。
電話:092-574-7177
******************************************
新築なら 田辺木材ホーム

■ホームページはこちら
http://tanabe-home.co.jp/

■お問い合わせはこちら
電話:092-573-2727
******************************************



  
  


Posted by かおちゃん at 16:04Comments(0)リフォーム田辺木材店